盗撮AV:夏乙女海の家シャワールーム絵巻:パイパンオマンコ
盗撮エロ動画パイパンオマンコ:夏乙女海の家シャワールーム絵巻
盗撮AV:お尻丸出しジャンボリー:おまんこ無修正
盗撮エロ動画おまんこ無修正:お尻丸出しジャンボリー

久しぶりに会ったYちゃん。。。 ヤリマンなだけあって、簡単にホテルに連れ込んでハメハメ。。。 一旦休憩して、食事に。。。 部屋で飲みなおす際に魔法投入。。。 本来合流予定だった友人が、、、ナンパに成功したらしくドタキャン。。。 一人で楽しみました。。 性病が怖くて「ナマ」ではできませんwContinue Reading

凄い作品を投稿いただきました。夫婦の営みが収録されておりますが、実はこれ投稿者様の友人夫婦です、しかもこの夫婦は撮影されていることは・・・・・です。投稿者様は友人なので家に遊びに行きその際に、隠しカメラを仕込みまた後日映像を回収していると言う超リアルな夫婦SEXです!!※男性女性共に顔モザあり。Continue Reading

女良の友人の長身でスタイル抜群のSSS美女
Mちゃんがが泥酔。女良のベッドで酔いつぶれて寝ている姿を見ていた私
そのスタイルの良さに我慢できず、つい悪戯をしてしまいました。
今回は、かなりお酒をのんでいたらしく、全然起きる気配がないので、
カメラを二つ使い、より一層楽しんでもらえるように撮り方を工夫してみました(笑)
SSS美女のMちゃんのエロい身体をハイビジョンでたっぷりと見てください。
Continue Reading

恥ずかしながら良い歳したオジサンです。いつしか私自身も大切なか族という想い以外に、決して抱いてはならない感情を抱くようになってしまいました。 我が家には、2人の嬢と42歳の妻という女か族に囲まれています。 気には留めていませんでしたが、最近では嬢たちの姿に何とも言えない衝動に駆られています。直接何かできるわけではないですが、嬢たちの秘めた部分や女性としての一面を垣間見る事が趣味になってきた情けないです。Continue Reading

今回で3回目の撮影になる彼女、本日は撮影者さんは友人を招き3Pをするというか友人とSEXをさせるという思考のようです。経験人数も少ない彼女にドンドン経験をさせようと言った所でしょうね。やはり先ず彼女は人見知りなのか、緊張気味ですが彼女の意思とは関係なく事は進んでいきます・・・・最後には撮影後に喫茶店でココアを美味しそうに飲んでいるボーナスシーンも追加。※彼女は撮影に来ているのはあくまでもお小遣い稼ぎのバイト感覚で通常は普通の生活を送る素人女性です。あくまでもAV女優ではありません。Continue Reading

私はユリナの協力の下、娘の友人である小春を進学のご褒美として 温泉旅行に連れ出すことに成功しました。 ユリナも私の思惑など知りません。 そして当日。 観光も温泉も楽しみ、いよいよ食事へ。 一つの部屋しか取らず、部屋は仕切りで分かれてはいますが 眠ったかどうかなどは見なくても大体分かります。 会話が消え、テレビの音だけが聞こえてきました。 2度3度、障子を開けては確認。 頬を軽く叩いたり、呼びかけたり。 反応はありません。 浴衣を着て、色っぽくなった年頃の2人。 化粧も落とすとまだまだ幼い顔です。 そんな2人も浴衣を取ってしまえば卑猥な女性の体が露出します。 ここまでスリルを味わいながら行うのは 至上の喜びです・・・Continue Reading

恥ずかしながら良い歳したオジサンです。いつしか私自身も大切なか族という想い以外に、決して抱いてはならない感情を抱くようになってしまいました。 我が家には、2人の嬢と42歳の妻という女か族に囲まれています。 気には留めていませんでしたが、最近では嬢たちの姿に何とも言えない衝動に駆られています。直接何かできるわけではないですが、嬢たちの秘めた部分や女性としての一面を垣間見る事が趣味になってきた情けないです。Continue Reading

誰にもある征服の欲望。 眠ったままの女性に行う卑行に対しての欲情。 今まで私が行ってきた事を友人は求め、 久しぶりにユリナの寝姿を拝む事になりました。 やはり寝ている女性というものは格別に違います。 それをまた意のままに汚していく様もまた。 分厚くも力の抜けた唇を私は奪い、ユリナの弱い首筋に舌を這わせ、 私の愚息を顔面にあてがい、喉奥手前まで入れていく・・・ 歯で噛まれるか噛まれないかが私の興奮のポイントです。 友人はひたすらユリナの陰部をまさぐり、 舌で豆やビラの部分を刺激していました。 痺れを切らしたのは私のほうで、ユリナの中へ愚息を忍ばせていました。 人に見られている興奮と久しぶりに味わう眠り姫のユリナ。 泥々とした性のスパイラルへと落ちていく事を自覚しながらも、 またしてもユリナの「中」へと出していました・・・Continue Reading